ルーマニア世界遺産の5つの修道院を日本語で紹介。知られていない修道院も紹介します。
ルーマニア世界遺産・5つの修道院プラスα
5つの修道院
モルドビッツァ
  Moldovita
フモール
  Humor
スチェビツァ
  Sucevita
ヴォロネツィ
  Voronet
アルボーレ
  Arbore
ブコビナ地方修道院
プトナ
  Putna
プロボタ
  Probota
ルシュカ
  Rasca
ドラゴミルナ
  Dragomirna
スラティナ
  Slatina
教会
パトラウツィ
  Patrauti
現地プラン
5つの修道院を1日でまわる
全ての修道院をまわる
おすすめの修道院をまわる
ルーマニアへ格安チケット
現在の格安チケット情報
ガイドブック
ブコビナ地方修道院(英語版)
  The Monasteries in Bucovina
広告
スラティナ修道院 Manastirea Slatina、1560
 アレキサンドル・ラプシュネアヌ公(Alexandru Lăpuşneanu)によって建てられました。

1554年、アレキサンドル・ラプシュネアヌ公は修道院の建設する場所を探していました。山に囲まれたこの地が好きになり、神に敬意を表してスラチナ修道院を建設したと文献に残っています。

アレキサンドル・ラプシュネアヌ公の死の数年後に、修道院は再び略奪されました。そして 教会は再び修理されました。アレキサンドル・ラプシュネアヌ公の記念碑が建物の入り口の上にあります。
建物内部の装飾、特に内陣の装飾は適所で飾り付けがされています。非常に珍しいつくりが特徴的です。
   
  

広告
フモール
1530-1535年
ヴォロネツィ
1488年
モルドビッツァ
1532年
スチェビツァ
1581-1601年
プロボタ
1398-1532年
スラティナ
1560年
プトナ
1466-1470年
ルシュカ
1542年

リンクについて
このサイトは、リンクフリーです。自由にリンクしてください。どのページへのリンクもご自由にどうぞ。
Copyright(C)2007  ルーマニア世界遺産・5つの修道院プラスα All Rights Reserved