ルーマニア世界遺産の5つの修道院を日本語で紹介。知られていない修道院も紹介します。
ルーマニア世界遺産・5つの修道院プラスα
5つの修道院
モルドビッツァ
  Moldovita
フモール
  Humor
スチェビツァ
  Sucevita
ヴォロネツィ
  Voronet
アルボーレ
  Arbore
ブコビナ地方修道院
プトナ
  Putna
プロボタ
  Probota
ルシュカ
  Rasca
ドラゴミルナ
  Dragomirna
スラティナ
  Slatina
教会
パトラウツィ
  Patrauti
現地プラン
5つの修道院を1日でまわる
全ての修道院をまわる
おすすめの修道院をまわる
ルーマニアへの格安チケット
現在の格安チケット情報
ガイドブック
ブコビナ地方修道院(英語版)
  The Monasteries in Bucovina
広告
プロボタ修道院 Manastirea Probota、1398-1532
1398年以前、ステファン一世かペトル一世によって最初のプロボタ修道院が建設されました。(プロボタかポブラタという名前が文献に残っています。)

ショムズ川とプロボタ川の間に建設されました。このため地盤が弱く基礎を何度しても流れてしまう土地でした。

15世紀のステファン大王によって地下から作り変えられましたが、今日では、古いプロボタとして保存されています。
その後、ペトルラレシュが1532年、シュテファンの跡を受け継いで200m離れた現在の教会が造られます。内部と外部からの塗装されたフレスコ画法はブコビナの修道院の技法と統合されます。

古いプロボタ修道院跡
基礎部分だけが残っていて、そこに屋根が掛けられています。
  

広告
フモール
1530−1535年
ヴォロネツィ
1488年
モルドビッツァ
1532年
スチェビツァ
1581−1601年
プロボタ
1398−1532年
スラティナ
1560年
プトナ
1466−1470年
ルシュカ
1542年

リンクについて
このサイトは、リンクフリーです。自由にリンクしてください。どのページへのリンクもご自由にどうぞ。
Copyright(C)2007  ルーマニア世界遺産・5つの修道院プラスα All Rights Reserved