ルーマニア世界遺産の5つの修道院を日本語で紹介。知られていない修道院も紹介します。
ルーマニア世界遺産・5つの修道院プラスα
5つの修道院
モルドビッツァ
  Moldovita
フモール
  Humor
スチェビツァ
  Sucevita
ヴォロネツィ
  Voronet
アルボーレ
  Arbore
ブコビナ地方修道院
プトナ
  Putna
プロボタ
  Probota
ルシュカ
  Rasca
ドラゴミルナ
  Dragomirna
スラティナ
  Slatina
教会
パトラウツィ
  Patrauti
現地プラン
5つの修道院を1日でまわる
全ての修道院をまわる
おすすめの修道院をまわる
ルーマニアへ格安チケット
現在の格安チケット情報
ガイドブック
ブコビナ地方修道院(英語版)
  The Monasteries in Bucovina
広告
プトナ修道院 Manastirea Putna、1466-1470
ステファンチェルマレ公はダニエルシハストルの忠告を受けて、1466年〜1469年のプトナ修道院を建設させました。今日でも当時のままの状態で残っているのはシソーラス塔だけです。1484年に炎によって70%ほど破壊されて、1653年〜1654年はバシレ・ルプーの時には、修道院の中のものを略奪されました。1757年と1761年の間に修道院を再統合して、作り変えました。そして1881年9月に周囲の壁と塔が建設されました。プトナ修道院には、略奪と火事という2つの災いの歴史があります。
建築様式は、最もすばらしい豪勢なモルドバ、ネクロポリスの1つとして建設されています。
修道院の教会はステファンチェルマレ公、マリアボイキツァ、マンゴップのマリア、ボグダンチェルオルブ、シュテファニッツァなどのお墓を保護しています。
  
  

広告
フモール
1530−1535年
ヴォロネツィ
1488年
モルドビッツァ
1532年
スチェビツァ
1581−1601年
プロボタ
1398−1532年
スラティナ
1560年
プトナ
1466−1470年
ルシュカ
1542年

リンクについて
このサイトは、リンクフリーです。自由にリンクしてください。どのページへのリンクもご自由にどうぞ。
Copyright(C)2007  ルーマニア世界遺産・5つの修道院プラスα All Rights Reserved