ルーマニア世界遺産の5つの修道院を日本語で紹介。知られていない修道院も紹介します。
ルーマニア世界遺産・5つの修道院プラスα
5つの修道院
モルドビッツァ
  Moldovita
フモール
  Humor
スチェビツァ
  Sucevita
ヴォロネツィ
  Voronet
アルボーレ
  Arbore
ブコビナ地方修道院
プトナ
  Putna
プロボタ
  Probota
ルシュカ
  Rasca
ドラゴミルナ
  Dragomirna
スラティナ
  Slatina
教会
パトラウツィ
  Patrauti
現地プラン
5つの修道院を1日でまわる
全ての修道院をまわる
おすすめの修道院をまわる
ルーマニアへ格安チケット
現在の格安チケット情報
ガイドブック
ブコビナ地方修道院(英語版)
  The Monasteries in Bucovina
広告
フモール修道院 Manastirea Humor、1530−1535
フモール川の谷にあるグラフモールの小さな町から北へ6km離れたところに位置しています。外務書記官トアデルブブイオグと妻のアナスタシアによって1535年に修道院を設立しました。1535年、スチャバの芸術家トマは、ペトルラレシュによって課されたバックを赤にして外壁の壁画を製作しました。1641年には、モルドバの宗教建築で初めて、バシレルプー王子はオープンな鐘楼を組立てました。

内部と外壁に装飾をするフレスコ画のため、フモール修道院は他の修道院ヴォロネツィ、アルボレ、モルドビツァ、プロボタと合わせて、15世紀、16世紀のルーマニアの芸術を最もよく表しています。


     

広告
フモール
1530−1535年
ヴォロネツィ
1488年
モルドビッツァ
1532年
スチェビツァ
1581−1601年
プロボタ
1398−1532年
スラティナ
1560年
プトナ
1466−1470年
ルシュカ
1542年

リンクについて
このサイトは、リンクフリーです。自由にリンクしてください。どのページへのリンクもご自由にどうぞ。
Copyright(C)2007  ルーマニア世界遺産・5つの修道院プラスα All Rights Reserved